首里の大アカギ




首里の内金城嶽(うちかなぐすくたき)境内にある6本のアカギの大木。昭和47年の日本復帰と同時に国の天然記念物に指定されました。いちばん大きいアカギの樹齢は約200年と推定されています。かつては首里城内や城外周辺にも大木が生育していましたが、沖縄戦でほとんど焼失し、大木群が市街地内に見られるのは県内でもここしかないそうです(じゃらんNETより)。奇跡的に戦禍をまぬがれもので、近年はパワースポットしても注目されています。





木の空洞にある祠。看板には「旧暦6月15日に神が降りてきて願い事を聞いてくれるという言い伝えがあるので、年にひとつだけ願い事を話されてみて下さい」と書かれています。

◎このサイトの樹木に関するページ
・オキナワウラジロガシ ⇒ コチラから
・サキシマスオウノキ ⇒ コチラから
・八重岳の桜 ⇒ コチラから
・ヌーリ川の桜 ⇒ コチラから
・米原のヤエヤマヤシ群落(石垣島) ⇒ コチラから
・吹通川のヒルギ群落(石垣島) ⇒ コチラから
・首里の大アカギ ⇒ コチラから

地図はコチラからご覧下さい。⇒ 首里の大アカギ 石畳道からも、赤マルソウ通りからも行くことができます。近くに駐車場はありませんので、首里城公園の有料駐車場に止めて歩いてください。首里城公園の駐車場は、HPには1回2時間、320円とありますが、安心してください。2時間以上止めても追加料金は必要ありません(料金は平成27年9月現在)。


  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ

Copyright © 2015 ハイホーの沖縄散歩 
logo